妊娠線で悩んだらクリームが最適│使って変わる肌レベル

女の人

スキンケア用のビタミンC

スキンケア

使用前に知っておく事

ビタミンc誘導体の多くは、化粧水に配合されています。今でこそ美容液やクリームにも配合されていますが、もともとは水溶性成分なので化粧水が一番効果的です。ただし、ビタミンc誘導体入りの化粧水を使うと乾燥しやすいと感じる人もいるようです。ビタミンc誘導体には余分な皮脂を抑える働きがあります。皮脂がもともと少ない人が使うと、さらに皮脂が少なくなります。乾燥しやすい人、乾燥する季節などは、高保湿な美容クリームを併用するのがお勧めです。ビタミンc誘導体化粧水をイオン導入に使う場合、防腐剤が入っていないかチェックする事が大切です。防腐剤が角質層に押し込められると、肌にとって良くない結果をもたらす可能性があります。

ビタミンCで老化防止

ビタミンCは、食品では赤ピーマンや黄ピーマン、パセリなどに多く含まれています。日本人におなじみの緑茶もビタミンCが豊富です。食事からビタミンCを摂取することは、美肌を保つために大事なことです。ビタミンCをまったく摂取しない場合、老化が早まることが研究で分かっています。ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、摂取してもすぐに排出されます。常に体内に一定のビタミンCを溜めておくには、こまめにビタミンCを摂取する必要があります。ビタミンc誘導体には、水溶性、油溶性、両用性など複数の種類があります。水溶性はすばやく浸透し、油溶性はじっくり浸透します。両用性は二つの性質を持ち、長期間肌内部にとどまって細胞分裂をサポートします。